公然わいせつに関する質問②

SNSで知らない男性から性器の写真が送られてきた。告訴できる?

先日、TwitterのDMにて知らない男性から性器の写真が送られてきました。

こういった場合、告訴し損害賠償請求が出来ると聞いたのですが可能でしょうか?

 

弁護士の回答

まずは、そのような被害に遭われたとのこと、極めてご不快な思いをされたことと存じます。心中お察しいたします。

相手方の行為は、各都道府県が定める迷惑行為防止条例違反に該当する可能性があります。

例えば、福岡県迷惑行為防止条例においては、第8条8号において、そのような写真を送付する行為を行うことが禁止されており、これに違反した場合、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処される可能性があります。

この場合、刑事告訴を行うことで、捜査機関に被害に遭ったことを申告し、捜査を行ってもらうことも可能です。

刑事告訴を行う場合、弁護士にご相談いただくことで、捜査機関に事案のポイントなどを的確に伝え、捜査に着手する必要性の高い事案であることを理解してもらう可能性を高め、相手方を特定し、逮捕などに繋げることができるようになるかもしれません。

しかし、これにより直ちに損害賠償をしてもらえるわけではありません。

以上に述べた手続はあくまで刑事事件としての扱いであり、損害賠償は民事上の話であるため、相談者様が損害賠償を求めるのであれば、不法行為に基づく民事上の損害賠償請求を行う必要があります。

その場合、賠償金を受け取るまでに多くの時間と費用を要することになる可能性が高いと考えられます。

仮に、加害者側から示談の申し入れがあった場合、示談に応じることで、簡易かつ迅速に損害賠償に相当する金銭を受領でき、早期解決を図ることもできます。

示談に応じた場合のメリットやデメリット、相手方が示談を申し入れてきた場合の交渉内容などにつきましては、一度お近くの弁護士にご相談いただくことで、相談者様にとっても納得のいく結末を迎えることができるのではないかと考えます。

ご不安な際は、ぜひお近くの弁護士にご相談ください。

 

 


なぜ弁護士選びが重要なのか

公然わいせつ事件について

『公然わいせつ』についてよくある相談

   

メール相談