痴漢で逮捕・勾留された事案で不起訴となった会社員の事例

  
弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士保有資格 / 弁護士・税理士・MBA


罪名 痴漢(強制わいせつ)
解決までの期間 10日間
弁護活動の結果 不起訴
示談に成功

Kさん(40代男性 / 福岡市)

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。
なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

痴漢で逮捕されたKさん。心配したご家族が弁護士へ相談に。

Kさんは、福岡市内の路上において、30代の女性に対して体を触る等の行為を行った罪で逮捕されました。

警察からKさんのご家族(妻)に連絡が入り、心配したご家族は弁護士に相談しました。

 

 

弁護士の対応

弁護士は、ご依頼を受け、すぐにKさんが逮捕されている警察署へ接見に行きました。

そして、Kさんが被疑事実を認めたので、担当検事に連絡を取り、被害者である女性の連絡先を教えてもらいました。

そして、女性に連絡を取って、示談交渉を行いました。

被害者の女性は、感情的になっておられ、すぐには示談に応じてくれませんでした。

しかし、弁護士は誠心誠意対応し、被害者との信頼関係の構築に務めました。

その結果、被害者が徐々に心をひらいてくれるようになり、10万円の解決金で示談に応じてくれました。

弁護士は示談書を作成し、被害者に署名してもらい、被害届を取り下げてもらいました。

その結果、Kさんは不起訴となりました。

 

 

今回のポイント

接見の重要性

Kさんの突然の逮捕に、ご家族はとても不安を感じていました。

このような状況では、ご家族が警察に連絡しても何も教えてくれません。

Kさんが本当に犯罪を犯したのか、これからどのような手続きがあるのか、新聞やテレビなどのメディアで事件が報道されたらどうなるのか、仕事や学校へいけなくなるのではないかなど、わからないことだらけです。

このような場合、刑事専門の弁護士に接見を依頼すると不安を減少させることができるでしょう。

接見とは、逮捕・勾留されている容疑者の方が、弁護士等と面談することを言います。

弁護士は、容疑者と面会した後、ご家族に対してご本人の状況や今後の対応方法について助言するでしょう。

また、身柄を拘束されている容疑者の方にとって、弁護士等と被疑事実について相談することは、必要な防御をする上で、極めて重要です。

 

迅速な示談交渉のスタート

刑事事件では、起訴されると99.9パーセントが有罪となります。

このような状況から、刑事事件の最大のポイントは、不起訴を獲得することです。

そして、痴漢のような被害者がいる犯罪の場合、示談を成功させることが不起訴獲得のための最重要課題となります。

示談を成功させるためには、できるだけ早く、示談交渉をスタートさせるべきです。

 

示談書と被害届の取下書を作成する

示談がまとまったら、口頭で済ませるのではなく、示談内容を書面にすることが大切です。

示談書を作成し、それを検察官に提出することで、示談の証明が可能となります。

また、書面にすることで、後で言った言わないのトラブルを避けることが可能となります。

そして、被害者が被害届を出している場合、これを取り下げてもらうとよいでしょう。

このようにすることで、不起訴の可能性が高くなると考えられます。

なお、当事務所では示談書や被害届の取下書のサンプルをホームページ上に掲載しており、無料で閲覧やダウンロードが可能です。


合わせて読みたい
強制わいせつについて

 

 


なぜ弁護士選びが重要なのか

痴漢事件についてよくある相談Q&A