痴漢(強制わいせつ)で逮捕・勾留された事案で不起訴となった会社員の事例

執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会 

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA

罪名 痴漢(強制わいせつ)
解決までの期間 10日間
弁護活動の結果 不起訴
示談に成功

Kさん(40代男性 / 福岡市)

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。
なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

痴漢で逮捕されたKさん。心配したご家族が弁護士へ相談に。

Kさんは、福岡市内の路上において、30代の女性に対して体を触る等の行為を行った罪で逮捕されました。警察からKさんのご家族(妻)に連絡が入り、心配したご家族は弁護士に相談しました。

 

弁護士が被害者女性に誠心誠意対応した結果、被害届は取り下げに。

弁護士は、ご依頼を受け、すぐにKさんが逮捕されている警察署へ接見に行きました。そして、被疑事実を認めたので、担当検事に連絡を取り、被害者である女性の連絡先を教えてもらいました。そして、女性に連絡を取って、示談交渉を行いました。

被害者の女性は、感情的になっておられ、すぐには示談に応じてくれませんでしたが、誠心誠意対応し、10万円の解決金で示談に応じてくれました。そして、被害届を取り下げてもらい、その結果、Kさんは不起訴となりました。

 

痴漢事件の弁護方針についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会 

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA

実績紹介 / 刑事事件の相談件数年間200件超え(2019年実績)を誇るデイライ

ト法律事務所の代表弁護士。法律問題に関して、弁護士や市民向けのセミナー講

師としても活動。KBCアサデス、RKB今日感テレビ等多数のメディアにおいて法

律問題についての取材実績がある。「弁護士プロフェッショナル」等の書籍を執

筆。


なぜ弁護士選びが重要なのか

痴漢事件について  

犯罪別『痴漢』についてよくある相談

 

『痴漢』の解決事例