その他の質問

お金を借りる条件にセックス。会うのがストレスになり、体調崩した。法的手続きで罪になりますか?

ある人にお金を12万かりました。残りは9万5千円です。

最初のうちは返済をしてたのですが、お金を借りる時の条件として「セックスをさせてくれ」時間が合えば月に何回でも…と言う条件でした。

会社のお金を紛失してしまったのでどうしても必要だったのでその条件を受け入れて借りました。

ただ、だんだんとその人に会うのがストレスになり、また仕事も忙しくなったり、「体調が悪いので返済分のお金だけを渡しに行きます」と言ったらキレられたりして精神的に苦痛になり連絡をとらなくなってしまいました。

彼からは「法的手続きをする、それが、嫌なら条件を受け入れろ」と連絡が来てます。

お金を返したくない訳じゃないんです。

ただもう会いたくないし、体調崩して働けてない期間があったりして債務整理を始めて本当に今お金がない状況です…。

このまま訴えられたりしたらどうなってしまうのでしょうか…?

ちなみにお金を借りる時に相手の方から「返済期限も決めないし、俺から取り立てもしない」と言われてます。借用書的な物は書きました。

このまま法的手続きされてしまうと罪になってしまうのでしょうか…?

弁護士の回答

結論から申し上げますと、相談者様について、何らかの罪に問われることはないと考えられます。

そもそも、時間が合えば月に何回でも性行為をさせることを条件に金銭を貸し付けるといった契約自体、公序良俗違反(民法90条)として、無効とされる可能性があります。

ですので、相談者様が相手方からの申し出に応じなかったとしても、何らかの罪に問われるといったようなことはないと思われますので、その点はご安心いただければと思います。

また、相手方は12万円を貸したと主張してくるかと思われますが、そもそもの契約が既に述べた通り公序良俗に反するものであり、不法な原因に基づいてなされた給付であると考えられますので、相手方は返還請求を行うことができないとされる可能性があります(民法708条)。

さらに、これまで相談者様が支払ってきた2万5000円の返済金についても、相手方にとっての不当利得であるとして、不当利得返還請求(民法703条)をできる可能性があります。

以上の通り、相談者様は今すぐにでも、お金も返すことなく、相手方から逃げることができる状態にあるといえます。
裏を返せば、それだけ酷い条件であったということです。

とはいえ、上述のような対処を取った場合、おそらく相手方は激怒するでしょうし、当事者同士のみで話し合いを行ったとしても、円満な解決は難しいように思われます。

現在、債務整理を弁護士に依頼されているのであれば、この件についても併せて対応を依頼されることを検討されてみるのも良いと思われます。

 

 

貸したお金を返さないので、警察に連絡したと嘘を付きました。罪になる?

知人が貸したお金を返さないのですが、返して欲しかったので「警察に連絡して、そっちの家庭に事情聴取しに行ってもらう事になった」と嘘を付きました。

この嘘は罪になるのでしょうか?

弁護士の回答

ご心配なのは相談者様の発言が詐欺未遂罪に該当するかどうかという点かと思われますが、まず結論から申し上げますと、詐欺未遂罪が成立する可能性は極めて低いと思われます。

詐欺未遂罪が成立するには、金銭の交付を受け、相手方に損害を生じさせるために、交付の判断の基礎となる重要な事項について偽り、相手を錯誤に陥らせようとしたことが必要となります。

今回の事案のように、権利を行使するための手段として、債権者が債務者を騙して債権を取り立てようとした場合、詐欺罪が成立するのかどうかという問題があります。

恐喝の事案ではありますが、判例上、たとえ自らが有する権利を行使するための手段として恐喝行為を行い、それにより相手方を畏怖させ、相手方が畏怖しなければ交付しなかったであろう財物を交付したことにより、財産上の損害が生じたのであれば、恐喝罪が成立するとされています(最判昭和30年10月14日)。

そして、この考え方は、詐欺罪においても同様に考えて良いものと考えられます。

すなわち、自らが有する権利を行使するために欺罔行為を行い、それにより相手方を錯誤に陥らせ、相手方が錯誤に陥っていなければ交付しなかったであろう財物を交付したことにより、財産上の損害が生じたのであれば、詐欺罪が成立する可能性はあります。

ただ、警察に借金のことについて相談したとしても、警察は「民事不介入」を理由に、まともに取り合ってくれない可能性が高いということは広く知れ渡っていますから、これにより相手方が騙されたと主張したとして、それが認められる可能性はさほど高くはないと思われます。

ですので、相談者様の行為については、詐欺罪が成立する前提をそもそも欠いていることになります。

とはいえ、嘘をついてまで取立てを行うことは良いことではありませんので、お勧めはできません。

誠心誠意話し合いを行い、嘘をつくことなく貸金を回収できることをお祈りいたします。

 

 

架空の領収書を5年に渡り総額2億円分作成していた。どのくらい税金を取られるの?

ある社長に頼まれて領収証をつくりました。

言われるままに私の以前の会社で私が代表だったため印鑑も残っておりその社長が余ったしまう会社の利益を私な会社にあたかも払ったようにして領収証を渡し総額5年ほどで2億円近いと思います。

その社長にはお金わかりており断る方も出来ずに行いました。

そうですね。書いたものやらせたもの協力したもの三人です。

また総額で2億円ほどあります5年ほどでその場合どのくらい税金を取られるのでしょうか?

その2億に関しては余ったお金ですいわゆる所得です。

弁護士の回答

刑事事件に関するメール相談ということでお受けしておりますので、今後支払うべき税金の金額につきましては、税理士の方にお問い合わせ頂ければと思います。

質問の趣旨とは少し離れますが、領収証を偽造した場合、有印私文書変造罪(刑法159条2項)が成立する可能性があります。

こちらについて、有罪の場合の刑罰は、3月以上5年以下の懲役となっており、略式裁判による罰金刑の余地はなく、起訴されれば公判請求されることになってしまいます。

また、偽造した領収証を相手の会社に渡す行為については、変造私文書行使罪(刑法161条1項)が成立する可能性もあります。

こちらについても、有罪の場合の刑罰は、3月以上5年以下の懲役となります。

相談者様のお話ですと、偽造を行っていた期間が5年ほどという長期に及んでおり、常習的に偽造を行っていたと窺われることや、偽造により課税を逃れた金額が2億円と巨額であり、悪質性が高いことなどの事実があるようですが、これらの事実は量刑面で厳しく考慮される可能性があります。

このように、税金面での問題のみならず、刑法上の犯罪に該当する行為でもありますので、今後は必ず断るようにしてください。

 

 


お悩み解決法『 その他 』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 示談してほしい
  • 告訴されたくない
  • 執行猶予をつけたい
  • 釈放・保釈してほしい
  • 今すぐ面会・差入れしてほしい
  • 会社・学校に知られたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  • 無実である
  • テレビや新聞で報道されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら