勾留に対する準抗告が認められた事例【弁護士が解説】

  
弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士保有資格 / 弁護士・税理士・MBA

罪名 傷害罪(刑法204条)・器物損壊罪(刑法261条)
解決までの期間 2ヶ月
弁護活動の結果 勾留に対する準抗告認容、示談成立により不起訴

事例人物

Sさん(40代男性)

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。
なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

 

酒に酔ってトラブルを起こしてしまったSさん

Sさんは仕事帰りに飲みに出て、泥酔した状態で繁華街を歩いていました。

しばらく歩いたところで、通行中の車とトラブルになり、車から降りてきた相手を殴って怪我をさせた上に、相手の車を殴って一部を破損させてしまいました。

Sさんは事件の後、任意で取り調べを受けたものの、被害者の傷害結果がそれなりに重いものであったことやSさんの事件当時の記憶が曖昧であることなどから、後日逮捕・勾留をされてしまいました。

 

 

勾留に対する準抗告が認められ、釈放

Sさんは、記憶は曖昧ながらも、怪我をさせたり車を壊したりしたこと自体は間違いなく覚えており、被害者との示談交渉を私たちに依頼されました。

しかしながら、Sさんには貯蓄がほとんどなく、被害者への示談金を支払うためにはどこかから借り入れを行わなければなりませんでした。

借り入れを行うためには、当然Sさんが自ら担当者と話す必要がありますので、事件解決のためには一刻も早くSさんの身体拘束を解く必要があると考えました。

そこで、私たちは直ちに勾留に対する準抗告を行い、被害者との示談のためにもSさんの身体拘束を解くことが必要であることを強く訴えました。

その結果、裁判所は勾留の要件を満たしていないと判断し、勾留に対する準抗告が認められました。

 

 

相手方の示談金も適正額でおさめ、不起訴処分を獲得

その後Sさんは無事に借り入れを行うことができましたが、被害者は著しく高額な示談金を求めていました。

車を壊され、怪我をさせられたことに対して怒る気持ちは理解できますが、相手は単純にこの機会を利用して大金を得ようと考えているようでした。

そのため、私たちは適正な金額を算定した上で、それ以上の示談金は一切支払わないという毅然とした対応をしました。

交渉は難航しましたが、最後は被害者にも納得してもらうことができ、適正な額の示談金を支払う代わりに、刑事処罰を一切求めないという内容で合意ができました。

Sさんの反省が検察官に伝わったこともあり、合意書を証拠として検察官に提出してから間も無く、Sさんは無事不起訴処分となりました。

 

 

今回のポイント

勾留とは

勾留とは、被疑者ないし被告人の身柄を拘束する手続です。

勾留は、被疑者の身体の自由を奪う手続です。

簡単にできるとなると、人権侵害にもつながるため、法律に定められた要件を満たすことが必要となります。

勾留の要件は、被疑者が「罪を犯したと疑うに足りる相当な理由」がある場合で、かつ、次の各号のいずれかに該当することです(刑訴法207条1項、同60条1項)。

  1. ① 被疑者が定まった住居を有しないとき。
  2. ② 被疑者が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき。
  3. ③ 被疑者が逃亡し又は逃亡すると疑うに足りる相当な理由があるとき。

 

 

 

準抗告とは

準抗告とは、容疑者や弁護人の請求により、裁判官が出した勾留決定を破棄するよう求める手続きをいいます。

勾留決定が不当であると認めてもらうために、上記の勾留の要件を満たしていないことを説得的に訴える必要がります。

勾留が認められる確率はとても高いと言われています。

2018年では、9万9967人の勾留請求がされ、その約95%が認められています。

参考:2019年弁護士白書

 

準抗告が認められる確率

2018年の準抗告申立件数は1万3263件であったところ、認容されたのは約19%にとどまっています。

参考:2019年弁護士白書

したがって、一般的に勾留の準抗告認容率は決して高いものとはいえません。

 

示談のポイント

上記の事例では、事案に即して重要な点に絞って裁判所を説得したことが功を奏した形になりました。

また、被害者といえども、法外な金額を要求する相手には毅然とした対応を行うことが重要となります。

傷害事件で警察から捜査を受けている方、ご家族が傷害事件を起こしてしまいお困りの方は、刑事事件に注力する弁護士が在籍する当事務所に、まずはお気軽にお越しください。

 

 


なぜ弁護士選びが重要なのか

傷害事件についてよくある相談Q&A