偽計業務妨害、威力業務妨害に関する質問

新型コロナでの政府の対応についてのSNSに、軽率なコメントをした。偽計業務妨害になる?

マスク1枚200円 全戸配布で菅官房長官「スピード感重視」 新型コロナ

菅義偉官房長官は2日の記者会見で、安倍晋三首相が全世帯に配布すると表明した布マスクについて「1枚200円程度と聞いている」と明らかにし、「補正予算(編成)に向けて関係省庁で精査する」と述べた。

国が買い上げたマスクは、日本郵政が把握している各住所のポストへ2枚ずつ投函(とうかん)されると説明。

「店頭にマスクがないという声が多いので、必要な対策をスピード感を持って行うべきだと判断した」と強調した。

上記のSNSのスレッドに対して「安倍さんからマスク2つ届いたわ代引きで800円でした」と書き込みをしてしまったのですが偽計業務妨害の罪に該当するのでしょうか?

弁護士回答

そのような書き込みであれば、偽計業務妨害罪(刑法233条)が成立する余地はないと考えられます。

業務妨害罪が成立する前提として、業務が「妨害」されることが必要です。

この場合の「妨害」とは、現に業務妨害の結果が発生したという事実が存在する必要はなく、業務を妨害するに足りる行為があることをもって足りると解されています。

ですが、SNSのスレッド上で、マスク2つが届いた際に代引きで800円を徴収されたという趣旨の書き込みを行ったところで、誰かの業務が妨害される可能性は皆無といって良いでしょう。

とはいえ、軽率な書き込みがエスカレートしすぎないよう、十分注意なさってください。

 

 


  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら